映画『ヴェノム』世界中が大熱狂!ワールドプレミア開催!主演のトム・ハーディ「ヴェノムはとんでもなく最高だ!」

Amecom!編集部
11月2日(金)公開予定の映画『ヴェノム』の日本公開に先駆け、10月5日の全米公開を前に待望のワールドプレミアが開催!主演のトム・ハーディの登場に世界中が大熱狂!その様子をお届けします!

主演トム・ハーディからコメント!

主演トム・ハーディのコメント

「ヴェノムはとんでもなく最高だよ!すごいキャラクターだ。ダークなトーンで、スリラーとホラーの要素がありつつ、力強いエネルギーにあふれている。
そんなヴェノムが大好きだ!
なぜ人々がヴェノムに惹かれるかわかるよ。僕も愛があるからね。すぐにわかる。
ヴェノムを演じられたことはとても光栄でありがたいことだ。
コミックのファンの世界から来た訳ではないけれど、彼は素晴らしいよ。
彼とならなんだってできる。彼は言いたいことを言うし、やりたいことをやる。
生まれながらの善悪の観念があるけど、原始的でもあるから善は無意味になる。

僕にとっては、ハリウッド的なスーパーヒーローの世界にヴェノムがいないのはありえない。
これならみんなが納得いくヴェノムを創り出せたと思うよ!」

ミシェル・ウィリアムズのコメント

「トム・ハーディみたいな俳優を他に知らないわ!彼には出来ないことがないし、 彼がすること全て裏表なく、しっかりしていて、リアルなのよ。

(この映画は)あなた自身の悪の本質と戦うようなものね。
あなたの頭の中に聞こえる声が、本来すべきではないと
分かっていることをするように指示してくるのよ。」とコメント!

映画『ヴェノム』予告編

“俺たちは――ヴェノムだ”

《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。それは、世界を変えるはずだった――。正義感
溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。
エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに 訪れた!

作品情報

映画『ヴェノム』 原題:VENOM 
( 2018年11月2日(金)公開 )

“俺たちは――ヴェノムだ”
《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。
それは、世界を変えるはずだった――。
正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。
この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。
エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!

Movie Info:

©&TM 2018 MARVEL

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ABOUTこの記事のライター

Amecom! 編集部

アメコミ最新情報とショップのトレンドをキャッチアップ!気になるイベントや最新のガジェット・サービスなどの情報もお届けします!