【コラム】語らせてくれ!映画『シャザム!』の魅力!!

始条 明
4月19日、とうとう日本公開を迎えたDC映画シリーズ最新作の映画『シャザム!』。明朗快活なコメディ・ファミリー・スーパーヒーロー・ムービーの大傑作です。 そんな映画『シャザム!』の魅力をご紹介します!……というか させてくれ!!

シャザムとは!?

叫べ!我が名は……SHAZAM!

Solomon(ソロモン)の叡智!
Hercules(ヘラクレス)の剛力!
Atlas(アトラス)の体力!
Zeus(ゼウス)の全能!
Achilles(アキレス)の勇気!
Mercury(マーキュリー)の神速!

始条 明
……いきなり飛ばしすぎました。順を追って説明していきます!!

『シャザム!』の世界観はDCEU!?

『シャザム!』の世界観をチェック!

まず映画『シャザム!』は、スーパーマンやバットマンのDCコミックス原作。映画的にも『ジャスティス・リーグ』や『スーサイド・スクワッド』、『アクアマン』と共通の世界観であるDCEU(DCエクステンデッド・ユニバース。最近はDCFUとか言われてるけどとりあえず本記事では統一するぞ)の一部として描かれます。


始条 明
と言うと「え〜前作観なきゃいけないの〜?じゃあちょっといいかな……」という人、いると思います。ぶっちゃけ一本も観てなくても大丈夫!!


始条 明
いや個人的には全部観てほしいけど。『バットマンvスーパーマン ジャスティスの誕生』全人類に観てほしいけどそれは置いといて、予備知識ゼロで全く問題なく楽しめます(あえて言うなら「スーパーマンは弾をはね返す」くらいかな)。

映画『シャザム!』のあらすじ

主人公をチェック!

主人公は孤児のビリー・バットソン。幼い頃に母親とはぐれて以来、里親の元を転々としながら暮らす14歳の問題児。5人の子供たちを養子として受け入れていたバスケス夫妻のもとに彼がやってくる所から物語は始まります。


映画『シャザム!』予告編をチェック!

映画『シャザム!』

見た目はオトナ!中身はコドモ!ある日突然、思春期ど真ん中の悪ガキが、世界の救世主に選ばれちゃって、悪ノリ全開!やりたい放題!最凶激ヤバっな敵、登場に、どーする?シャザム!!笑いで世界を救うのだ!掟破りのコメディ×アクション・エンターテインメント!
2019年4月19日(金)公開!!


なんてったってコメディ映画!


始条 明
予告編でも描かれているように、本作はかなりコメディ色の強い一本となっています!!

ヒーローオタク大興奮!

ヒーローオタク(もちろん、この作品世界に存在するスーパーマンやバットマンのオタク。画面に映り込むグッズやファッションにも注目!)であるフレディと共にスーパーヒーローとしての能力を実験していくシーンをはじめ、明るく楽しくノリノリで爆笑できる場面が多数。サプライズ的な展開もいくつも盛り込まれており……もし「ネタバレ踏んじゃった!」って人がいても安心してください。この映画まだまだネタだらけです。


始条 明
かつて『ダークナイト』や『ウォッチメン』などといった重厚でシリアスなアメコミ映画作品群が作り上げてきた土壌が、ここまで多様な作風の確立に繋がったのかもしれませんね。うれしい。

みんな大好きファミリー映画!


笑いあり、涙ありの家族愛!

バスケス夫妻の養子としてはフレディの他に、大学進学を目指すメアリーに筋トレオタクの巨漢ペドロ、ゲーム大好きな現代っ子のユージーン、そしてハグ魔の末妹ダーラといった、個性豊かな4人の子供たちが登場。温かい家庭にもどこか馴染めず、本当の母親を探し出そうとするビリーが辿り着いた"家族の絆"とは……?


始条 明
シメる所はちゃんとシメるのが『シャザム!』。マジで泣けます。

それでもやっぱりスーパーヒーロー映画!


始条 明
といった要素を取り入れつつ、物語の主軸に据えられるのはド王道なスーパーヒーローの哲学。たった一言「シャザム!」と叫ぶだけで無敵のシャザムへと変身できるビリー少年が、本当のスーパーヒーローへと"変身"を遂げる瞬間は必見……!予告でもちょっと出てるけど……!

ヴィランも魅力的!!

また、本作のヴィランを演じるのは『キングスマン』などでおなじみマーク・ストロング。シャザムの力を奪おうと画策するドクター・シヴァナ役を演じています。


始条 明
このシヴァナがまた超ハマってて良い味出してるんですわ……

原作もちょっと気になる人へ


始条 明
本作の主なベースとなっているコミック・シリーズは、日本でも『シャザム!:魔法の守護者』のタイトルで邦訳本が大好評発売中。読み切りマンガのような感覚で楽しめるようになっているので、いきなりこの一冊だけ読んでも問題ありません。



始条 明
また、本作はあくまでこの『〜魔法の守護者』をベースとしつつ、旧シリーズの要素やオリジナルの展開を組み込んで完成された一本。なので観てから読んでも、読んでから観てもOK。お好みでお楽しみください!

ちなみに"あのウワサ"について


シャザムといえば…

シャザムといえば……よく見かけるのが「もともと"キャプテン・マーベル"という名前だった」という話。この話にはいろいろとややこしい経緯があるのですが、最低限知っておいてほしいのは「(現在の)シャザムはシャザム、キャプテン・マーベルはキャプテン・マーベル」ということです。いろいろあって権利でモメたり名前が変わったりはあったけれど、あくまでシャザムは独立したキャラクターであり、また本作を楽しむ上でそんな経緯を知っておく必要も別にありません。

始条 明
……それはそれとして、どうしても知っておきたい!という方のためにまとめておいたので、以下のツイートをご参照ください。

シャザムは超絶大傑作!


映画史に残る大傑作!!

と、ここまで『シャザム!』の魅力をざっくりご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。公開前のプロモーションではストーリーの大部分が伏せられていたこともあり、まだまだ本作の魅力を紹介しきれたとは言えませんが、個人的にはDC映画、アメコミ映画……といった枠を余裕でブッ飛び越える、映画史に残る大傑作だと思います。


始条 明
CGやアクションなど、ワンポイントで見るともっとスゴい映画は多々あれど、総合的に見ると超高得点、みたいな。パワーグリッドは尖ってないけど面積は最大、みたいな。数年に一度は絶対に観直したくなる、みたいな。みたいなみたいな。面白さは保証します。マジでぜひ観てね!

映画『シャザム!』(2019)
スーパーマン」や「バットマン」と同じDCコミックスのヒーロー「シャザム」を映画化。見た目は大人だが中身は子どもという異色のヒーローの活躍を、独特のユーモアを交えて描く!ヒーロー映画なのに、掟破りのコメディ×アクション・エンターテインメント!


Profileプロフィール

始条 明

@始条 明

古今東西趣味百般のオタク野郎。オタクな記事を書いたり、オタクのイベントを開いたりしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PR

PR